忍者ブログ

せめて10個くらいにしてほしいものです。

   
そろそろお盆休みのUターンラッシュが始まるころですかね。

我が家は先週末に青森に帰省し、世間がお盆休みに入るころには仙台に帰ってきました。

そんな青森への帰省の中から、どうでもいい写真をいくつか紹介します。



まずは、津軽半島の竜飛崎です。

風もそれほど強くなく穏やかでした。

天気が良く、海がきれいで、北海道がすぐ目の前に見えていました。

このすぐ近くの青函トンネル記念館に行きました。



次に、中泊町小泊の道の駅「ポントマリ」です。

いつもはここの海水浴場に行っていましたが、今回は通過しただけです。

今回の帰省中にいくつかの道の駅や観光施設に行きましたが、くそ暑い食堂がいくつかありました。

節電によるコスト削減なのか、安易に役所の28度設定に合わせているだけなのかはわかりませんが、このくそ暑さによって何も食べずに帰ってしまう客がいることを想像したことがあるでしょうか。

このポントマリという道の駅は例外で、今まで暑いと思ったことはありません。



最後に、農道です。

マメ知識ですが、農道は普通の道路のように国土交通省の所管ではなく、農林水産省の所管となっています。

特徴はやはり標識や信号が少なく永遠と真っすぐなところです。

小学生の長男が言っていましたが、信号がない道路だと不安になると。

たしかにそうです。

仙台の中心部に住んでいると信号があるのが当たり前です。

やはり適度に信号があって走りを制限されているのが安心なのです。

自由を求めていながら、自由すぎるとどうしていいかわからなくなるような感じです。

走行スピードもよくわからないので、80キロはアウトと考え、だいたい70キロくらいで走っていました。

PR
昨年12月に開業した仙台市地下鉄東西線ですが、12月の利用者数が発表されました。

1日平均5万400人で、予測の8万人の63%にとどまっているということです。

明らかに苦戦しています。

我が家は東西線連坊駅が最寄り駅で徒歩10分もかかりませんが、普段利用するつもりはありません。

地下鉄を使った通勤・通学もないし、家族みんなで中心部に行くなら自家用車で行ってしまいます。

駐車料金を考えてもはるかに安いですから。

それでも開業日の12月6日には八木山動物公園駅まで乗りました。

南北線に比べるとカーブも多く傾斜もきついはずですが、そういったことはまったく気にならないくらい乗り心地は良く、気づいたら山の上の駅に到着したのには不思議な感じでした。

利用者については今後増えていくと思われます。

通勤・通学手段はそう簡単には切り替えられるものではありませんから。

ひとつのチャンスは3月でしょうか。

引っ越しシーズンを機に東西線沿線に移り住んでくる人も多いかと思います。

また暖かくなれば八木山動物公園やベニーランドへ向かう手段として利用する人も増えることでしょう。

それでも我が家はあくまでも自家用車になると思いますが。

キリンの氷結を寝る前に1本飲むのが日課になっています。

11月の初めに限定出荷バージョンの新商品で福島産梨が登場しました。

私はいろんな味を楽しむのが好きなので、何本かまとめ買いしたりしていました。

梨については山形産ラ・フランスの方が美味しいと思いましたが、福島産梨もなかなかいいと思っていました。

私がよく買うスーパーの酒コーナーにはだいたい1ヶ月半くらいはこの限定出荷の新商品が陣取っているのですが、今回の福島産梨は姿を消すのが早かったように思えます。

姿を消すにしても「在庫限り」と予告があるのが普通ですが、ある日突然消えていたのです。

やはり売れなかったからなのかな。

そう思ってしまいます。

売れないとすれば理由ははっきりしています。

「福島産」です。

いろんな方面から「福島応援キャンペーン」みたいなことがされていますが、はっきり言って無理があります。

あんな原発事故があってまだ10年も経っていないのに、何の心配もいらないですみたいなことを言われても信用できるわけがないのです。

「ただちに影響はない」

あの表現は「ただちに影響がわかるものではない」が正解でしょうね。

影響がわかったときは誰も責任なんて取ってくれません。

年数が経ちすぎて因果関係を証明するのが難しいですから。

自分の頭で考えて「やばい」と思ったら手を出さないことは正しいことです。

こんなことを言いながら氷結・福島産梨を飲んでいた私はどうなのかって?

自分でもよく理解できないです。

月曜日のことですが、長男が通う小学校のPTA関連の行事の準備のため、妻が夜出かけていませんでした。

私が2人の子供の夕食を担当することになりました。

男衆3人だけでびっくりドンキーに行きました。

長男はもちろん何もしなくても勝手に食べてくれるのでいいのですが、問題はまだ2歳の次男です。

ほんと大変なんです。

家族で外食に行っても大人は食べた気がしません。

それでも最近は成長したなと思える部分が増えてきていました。

食べたくないものは徹底的に食べないので、ハンバーグは心配していましたが、半分くらいは食べてくれました。

ご飯は完食です。

ほうれん草も全部口に入れましたが、一度に入れすぎたので全部吐き出すことになりました。

大好きなポテトフライはもちろん完食です。

きちんと食べてくれたので、私も自分のハンバーグを食べる余裕がありました。

次男は長男と違って親の言うことをほんと聞いてくれなくて今まで大変だったという記憶しかないです。

でもこうして成長の跡が見えると、それはそれで寂しいものもあります。

親のわがままですね。

それにしても40代の育児はやはりきついです。

福山雅治さん、子供は早い方がいいですよ。

安保法案は連休前に成立するのでしょうか。

昨日は参院平和安全法制特別委員会で可決されました。

採決寸前に野党勢が行った暴力行為は目に余るものであり、議員を辞職してほしいとさえ思いました。

舞台は参院本会議に移りましたが、野党から問責決議案が次々と提出され、否決されることはわかっているものの、連休前に安保法案が成立するかどうかは微妙なところです。





仙台に本社を置く河北新報社も最後まで安保法案反対の立場を貫いています。

今日の社説にはお約束の「数の横暴」というキーワードが見えました。

数の横暴というのはよく少数派の人たちが使う言葉ですが、この主張こそ憲法に違反している側面があります。

なぜなら、日本国憲法では前文で「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し」と議会制民主主義を採用しているからです。

決してデモ制民主主義や世論調査制民主主義を採用しているのではないのです。

今の与党に「数」を与えたのは今までの選挙です。

直近では昨年末に選挙がありました。

安保法案についてはすでに公になっていたはずなのに、反対派の人たちはどうしてあのときデモを行わなかったのでしょうか。

もしかしたら与党の議席を大きく失わせることができたかもしれません。



社会面に安保法案賛成派の人たち350人が官邸前で気勢を上げたという記事が小さく載っていました。

珍しいですね。

テレ朝「報道ステーション」のスポンサー契約を高須クリニックが打ち切ったことから、河北新報としては反対ばかりの内容だと広告が減ることを懸念したのかもしれません。

個人的には今夜中に成立して、すっきりとした気分で連休を迎えたいと思います。

昨日は家族でショッピングモールに行きました。

本屋にも立ち寄りました。

小学2年生の長男用にママが学習用ドリルを買うためです。

長男が早くべつのところに行きたいと邪魔をして、ママはあまりゆっくりと選べなかったようです。

いざ会計のときになると長男は「欲しい本がある」と。

「ポケモンファン」というポケモンのファンブックでした。

ちゃっかり物色していたようです。

長男は妖怪ウォッチが飽きた後になぜかポケモンに走ったのです。

心優しきママはポケモンファンも一緒に買ってあげていましたが、本屋を出た後に長男にポケモンファンの代金をしっかりと請求していました。



さて、長男の月曜日の登校は持っていくものが多いです。

上履き、体育用の体操着セット、そして今日はプール用のものを一式持って行きました。

もうそういう季節なんですね。

男の子は関係のない話だと思いますが、小学生でも気にする女の子はいるみたいです。

ムダ毛です。

プールの季節になるとそれが原因で水着に着替えたくないという子もいるとか。

子供のムダ毛にコントロールジェルME【親子で一緒にムダ毛処理!】

ムダ毛の処理は早いうちに始めておいた方がいいみたいです。

昨日のコボスタ宮城で、試合前に今野龍太投手のトークイベントがありました。

今野投手は昨年のドラフト9位指名、地元宮城の岩出山高校出身です。

高校3年生の夏の県大会でノーヒットノーランを達成し注目されていましたが、まさかプロから指名があるとは思ってもいませんでした。

楽天イーグルスが指名したときは、宮城北部のファン開拓のためかとも思っていました。

でも意外とは失礼ですが、いい素材のようです。

178センチ、70キロという細い体でまさか150キロを超すボールを投げるとは思ってもみませんでした。

早くも2軍の試合ではそれなりの結果を残しています。

そして現在は1軍に帯同しています。

今のところ中継ぎで4試合に登板しています。

2軍と1軍ではレベルがまったく違うことも体感していることと思います。

昨日のイベントでは「岩出山からプロ野球選手になった今野です」とあいさつしました。

素晴らしい自己紹介だと思います。

プロ野球選手として成功することを心から願っています。



抜け毛の防止というか、薄毛の改善をスピルリナとともに始めたのはいつでしょうか。

もうだいぶ経ちますね。

それ以来ずっといろんなサプリメントを飲んでいます。

でも残念ながら効果はないです。

サプリメントごときで薄毛がどうにかなるものではないようです。

もちろん少しは薄毛の改善に寄与していると思います。

飲まないよりは飲んでおいた方がいい。

その程度でしょうか。

あるいは気休め。

ノコギリヤシ(ソーパルメット)のサプリメントも飲んでいますが、一応抜け毛の防止に効果があると言われています。

飲んでいるときはあまり実感していませんが、なくなって飲まなくなるとその効果を実感します。

洗髪時の抜け毛の量が増えるのです。

今までも何回かこのパターンがありました。

やはりノコギリヤシは飲んでおいた方がいいみたいです。

あわてて注文しました。

でも薄毛の改善にはもっと根本的に変えなきゃいけない習慣とかあると思います。



  
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Copyright ©  -- 256個のポイント --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]